SCOA Solutions of Customization, Optimization for Area-Branding

Topページ»SCOAとは

「S.C.O.A.」とは

SCOA Solutions of Customization, Optimization for Area-Branding

AREAの概念

地域(国、都市、地方、コミュニティ、)
集合体(地場企業連合、自治体連合、市民連合)

ITを使ったAREA-Brandingの適合化と最適化を提供するソリューション。

従来「地域のブランディング」は、地元自治体にその財源を依存し、官主導のケースが多く見受けられる。

しかしながら、自治体主導型は、税金を投入する性質上、最大公約数の成果を求めるが故に、事業目標の達成に向かうスピードが遅く、大胆な施策展開に踏み込めない。

必要なのは、マーケティング概念導入と効率的プロモーション施策導入。そして、「お金を産む為の知恵」
SCOAが提供するソリューションは、「官」と「民」をつなぎ、「地方」と「中央」を結び、「大都市マーケット」から「域内マーケット」へ、人とお金を移動させる。

国家、自治体、企業、住民、それぞれの「奏者」が、それぞれの領域を奏でることにより、美しい協奏曲を生むように、SCOAはその中心に位置している。

経緯

  佐渡 東京 全国
2003 佐渡観光再生のための事業企画「 佐渡百選 」を立案。
2004 芸能人・文化人からなる佐渡ひいき連と佐渡島を巡る「 佐渡百選プレミアムツアー 」を企画立案。
2005 「 野口健 環境学校佐渡 」を実施し、活動内容をWEB動画にて配信。
お笑い芸人が佐渡に住みこみ、佐渡ヶ島の魅力を発信する「 佐渡、お笑い島計画 」スタート。 佐渡、お笑い島計画。
2006 IT立島を推進する「 合同会社S.M.A.I.L. 」設立。
「 海舞u・ma・i 」販売開始。
ITを活用した地域ブランド創造のソリューション「 S.C.O.A. 」誕生。 合同会社S.M.A.I.L. 海舞u・ma・i 「 ワールドビジネスサテライト 」(テレビ東京)取材。
2007 内閣府・地域活性化シンポジウムで「佐渡、お笑い島計画」が先進事例として紹介。
佐渡、お笑い島計画応用事例「 NTT知恵の笑い 」スタート。 知恵の笑い トヨタ自動車が実施する地域活性化プロジェクト「 GazooMura 」で全国各地へ訪問。 GazooMura 二代目お笑い親善大使若井ぼん師匠が「 マイクロソフトアドバイザー 」に選出。
2008 「 佐渡情話 」佐渡市からうぶすなへ無償貸与。
廃校利活用プロジェクト「 P.I.e.S.S. 」活動開始。
デザイナー浅田氏 との連携。 ASADA DESIGN スマイルと連携し、「 椿油 」商品開発事業開始。 椿油 アースセレブレーションで 「 インバウンド観光調査事業 」実施。
マイクロソフト社より地域活性化の為にITキャラバンカーの無償譲渡を受ける。 インバウンド観光調査事業 農水省「 地産地消の仕事人 」に花の木・女将さんを推薦。 地産地消の仕事人 国交省「 ニューツーリズム創出・流通促進事業 」を企画立案し、
カラダの中からキレイになる「 キラキラ輝く Beauty Tour☆ 」を実施。 ニューツーリズム創出・流通促進事業 経産省 「 にっぽんe物産市プロジェクト 」の地域エージェント再委託先として「 さどe物産市プロジェクト 」を半年間実施。
中小企業庁からの依頼により、地域応援プロジェクトのイベント開催。
そこで女性の視点から地域資源を紹介する「 Blossom 」が誕生。 にっぽんe物産市 Blossom
2009 経産省「 地域資源活用型新規産業創造事業費補助金 」が採択され、いしかわ海外富裕者層誘客映像制作プロジェクトを実施。
石川県・海外富裕層誘客推進事業からの業務委託により「 ラグジュアリーライフスタイル国際会議 」(ILLF)の開催。 Blossomがブログと動画で石巻市の地域情報を発信。

ページの先頭へ戻る